バズは「サイエンス」である:バズとジャーナリズムが共存するメディアの未来

Thursday, 02 June at 5:35 PM

Room 5+6: Innovation Stage    View Map

In this session...

メディアの未来に向けて、この2つの言葉の再定義が重要な意味を持つかもしれない―「バズ」と「ジャー ナリズム」だ。拡散やシェアのダイナミズムが価値を持ち始めた世界では、PVを稼ぐことよりも「いかにバ ズるコンテンツを生み出せるのか」が鍵をにぎり、バズコンテンツ創出の「しくみ化」を果たすテクノロジー に注目が集まる。いっぽう、調査報道やブランドジャーナリズムの台頭は、旧来のジャーナリズムに変化を もたらす。バズはサイエンスになるのか? ジャーナリズムは死んだのか? メディアと企業の関係はどう 生まれ変わるのか? 本セッションでは、2016年1月に正式ロンチを果たしたバズフィード日本版の古田 大輔氏、日本のオンラインメディアの先頭を走る東洋経済オンラインの山田俊浩氏、モデレーターに戦 略PR会社ブルーカレント代表の本田哲也氏を迎え、バズとジャーナリズムが融合するメディアの未来に ついてトークを繰りひろげます。

In this new world, the technology to create such content is something on everyone’s mind. On the other hand, the rise of investigate and brand journalism has brought a change to what it means to be a news organization or a reporter. Could “Buzz” become a science?Is journalism dead?What will the relationship between media outlets and companies become?In this session, Daisuke Furuta, the founding editor of the recently launched BuzzFeed Japan, Toshihiro Yamada, the chief editor of leading online media “Toyo Keizai Online”, and Tetsuya Honda, the CEO of strategic PR agency “BlueCurrent Japan” (as moderator), will talk about the future of media especially as it relates to the evolving meanings of “Buzz” and “Journalism”. View Less

Presented with


Speakers

Daisuke Furuta 創刊編集長 バズフィードジャパン
Tetsuya Honda CEO ブルーカレントジャパン
Toshihiro Yamada 編集長 東洋経済オンライン